A girl's best friend.

NICE TO MEET YOU. We are Vera Bradley.

  1. ヴェラ・ブラッドリーについて
  2. ヴェラ・ブラッドリーの歴史
  3. 製品について
  4. ヴェラ・ブラッドリーが大切にしているもの

春を持ち歩く幸福。
ゆったりとした時間と、風が流れるひととき。
どこからか漂う花の香りに、笑みがこぼれるひととき。
ハイヒールや窮屈なスーツを脱ぎ捨てた、
そんな気持ちのいい日に、持ってもらいたいバッグです。

Be colorful. あなたらしく。鮮やかに。
ヴェラ・ブラッドリー

ヴェラ・ブラッドリーについて

ヴェラ・ブラッドリーは、1982年アメリカ生まれのブランド。
色鮮やかな花など自然のモチーフをパターンの基本に、クラシカルな要素とモダンなデザインが心地よく共存したプロダクトで人気の、トラベルハンドバッグ&ライフスタイルブランドです。軽やかなキルトを主素材に使用したバッグは、肩肘張らずに、自分らしく毎日を過ごしたい女性たちがさまざまなシーンで活用できる、手頃な価格帯のラグジュアリー・ライフスタイルブランドとして愛されてきました。アメリカでは現在、ハワイのアラモアナショッピングセンターをはじめとする全米40店舗の直営店と、契約している約3300店舗の専門店にて販売しています。

アメリカではセレブやスタイリストたちからの人気も高く、セレブのプライベートショットで雑誌などに登場することもたびたびです。アメリカで幅広いファン層を持っているヴェラ・ブラッドリーが、初めての海外進出先として選んだのが日本でした。ハワイ・アラモアナショッピングセンターでヴェラのショップを訪れる日本人女性たちからの熱い要望に加え、商品を手に取った時の彼女たちのパッと輝く笑顔が私たちの勇気を後押ししてくれました。

ヴェラ・ブラッドリーの歴史

1982年春。共に旅行に出かけようとしていたバーバラ・ベッガードとパトリシア・ミラーは思いました。「楽しい旅行にいくためのバッグに、楽しいデザインが少ないのはなぜかしら?」ふたりが心からほしいと思ったのは、手にするだけで気持ちまで晴れるようなバッグ。自分たちが望むバッグは自分たちでつくろう、と決めたその日、ヴェラ・ブラッドリーはスタートしました。

会社を創設した当時のハンドバッグ

彼女たちにあったのは夢と、250ドルずつ持ち寄った資本金500ドル、デザイン/制作室にした自分の地下室、そしてバーバラのお母さんの名前を冠したブランド名だけでした。地下室で作られたバッグは、友人から徐々に広がり、話題になり、アメリカの女性たちにもっと自由なバッグの選択があることを気づかせました。29年後の今日、ヴェラ・ブラッドリーアメリカで多くの女性に愛される、大人気のバッグブランドのひとつに成長しているとは、そして空港で見渡せば必ず誰かが持っているようなブランドになるとは、その時は想像すらできませんでした。

製品について

高いものだけが上質とは限らない。洗練されたスタイルと誰にも真似の出来ないオリジナリティがあってこそ、はじめて上質と呼べるのだ。という創業者の思いは、今日もすべてのヴェラ・ブラットリー製品に見ることができます。ヴェラ・ブラットリーのパターンは、すべてオリジナル。いちばんの大切な核であるデザインパターンは、コレクション毎にデザイナーチームがデザインを描き起こし、細部にまで品質にこだわるために、商品企画かた生産に至るまで、同社で一貫して行っています。バッグの主な素材は、上質で軽量なキルト素材。形状、ポケットやファスナーの場所や数、持ちやすさなど、ヴェラの商品を持つ方の毎日を考えた機能性も追求しています。

ヴェラ・ブラッドリーが大切にしているもの

毎日を豊かに過ごす秘訣は、大切な人--家族や友人--を大切にすることだ、ということをヴェラは知っています。だからこそ、私たちはバッグを売るのではなく、そのバッグが生み出す人生のストーリーを売っているのだ、と 常に考え、お客様とブランドとの接点を大切にしてきました。毎日が穏やかで笑顔に満ちたものであるように。既成概念に捕われずに誰もが自分らしく過ごせるように。 創立者バーバラとパトリシアの信念に基づいて、私たちは5つの言葉を大切にしています。

  • Vivid いきいきと鮮やかである。
  • Friendly 親しみやすい。
  • Comfort 心地いい。気持ちいい。
  • Eternally Girlie 永遠のガーリー。
  • Sharing 相手を思いやる。わかちあう。